a
アマナとひらく「自然・科学」のトビラ
Feature

特集

たねから出てくる最初の葉は何枚?

たねから出てくる
最初の葉は何枚?

『プチペディア』で迫る、
昆虫・植物・動物のヒミツ

編集・構成/田中 いつき

©︎ hany ciabou/nature pro. /amanaimages

春は植物がたねから目覚め始める季節です。最初に出てくる葉を「双葉」ということがありますが、どのたねからも2枚の葉が出てくるわけではないのです。NATURE & SCIENCE が手がける『PETiT PEDiA にほんの植物』(アマナイメージズ)の掲載記事から再構成してお届けします。

もし「植物の芽生えの絵を描いて」と言われたら、きっと多くの人が1本の軸に2枚の小さな葉がついた「双葉*1 」の姿を描くのではないでしょうか。

ヒマワリの芽生え 子葉の数 2枚 ©Gakken /amanaimages

ヒマワリの芽生え 子葉の数 2枚
©Gakken /amanaimages

アサガオの芽生え 子葉の数 2枚 ©iimura shigeki/nature pro. /amanaimages

アサガオの芽生え 子葉の数 2枚
©iimura shigeki/nature pro. /amanaimages

*1 双葉(ふたば)

「双子葉類」の最初の葉。たねから最初に出てくる葉のことを、植物学的には「子葉(しよう)」と呼ぶ。多くの草花が、子葉が2枚ある双子葉類の仲間(ただし、ニリンソウやコマクサなど一部の双子葉類の子葉は1枚) 。双子葉類の植物の葉には、網目のような脈があるのが特徴。


最初の葉の形や数はいろいろ

どんぐりから芽生えるクヌギやコナラなどの仲間は、芽に子葉がないように見えますが、実は、どんぐりの中に、栄養分がある厚い2枚の子葉が入っています。

コナラの芽生え 子葉の数 2枚。中央に本葉が生え始めている ©yanagisawa makiyoshi/Nature Production /amanaimages

コナラの芽生え 子葉の数 2枚。中央に本葉が生え始めている
©yanagisawa makiyoshi/Nature Production /amanaimages

これらの双子葉類に対して、「単子葉類」の仲間は最初の葉が1枚です。

単子葉類の植物にはススキやユリ、イネ、ヒガンバナ、ランなどの仲間が含まれます。葉がスッと長細く、平行線状の脈があるのが共通点です(サトイモの仲間など例外もあります)。ほとんどの単子葉類は草ですが、ヤシやタケなど、樹木に分類される植物もあります。

ススキの芽生え 子葉の数 1枚 ©hany ciabou/nature pro. /amanaimages

ススキの芽生え 子葉の数 1枚
©hany ciabou/nature pro. /amanaimages


双子葉類は、単子葉類から葉が増えて2枚に進化したと思われがちなのですが、実は、進化の過程は逆。双子葉類から単子葉類が発生したことがわかっています。しかし、なぜ1枚になったのかまでは、詳しくわかっていません。

双子葉類と単子葉類は、被子植物*2 という植物の分類にまとめられます。

*2 被子植物

胚珠(はいじゅ)というたねの元になる部分が子房(しぼう)に覆われている植物。胚珠が子房に覆われておらず、むき出しになっている植物のことは「裸子植物」と呼ぶ。

 
一方、裸子植物の芽を見ると、例えばソテツやイチョウの芽は2枚なのに対し、スギの芽は2~3枚、マツの芽は葉が6~7枚など、種類によって葉の枚数はかなり異なっています。

イチョウの芽生え 子葉の数 2枚 ©TOSHIAKI ONO/a.collectionRF /amanaimages

イチョウの芽生え 子葉の数 2枚
©TOSHIAKI ONO/a.collectionRF /amanaimages


葉より先に出てくるのは?

小学校で学ぶように、水、酸素、気温などの必要な条件を満たせば、たねは発芽します。

しかし、多くの植物で最初に出てくるのは、幼根と呼ばれる「根」です。「発芽=芽が発する」と呼びますが、一番に出てくるのは、芽ではなかったのですね。

アカマツの芽生え 子葉の数 6〜7枚 ©︎ masuda modoki/nature pro. /amanaimages

アカマツの芽生え 子葉の数 6〜7枚
©︎ masuda modoki/nature pro. /amanaimages

アカマツ幼木 発芽から50日、葉を広げたようす ©︎ iimura shigeki/nature pro. /amanaimages

アカマツ幼木 発芽から50日、葉を広げたようす
©︎ iimura shigeki/nature pro. /amanaimages


なお、「芽生え」という言葉は、子葉が伸びた時点の姿を表しています。先に根を生やし、身体を支えたり、養分や水分を吸収する準備をしたりしてから、葉を伸ばしていくのです。

タンポポの芽生え 子葉の数 2枚 ©Mitsushi Okada/a.collectionRF /amanaimages

タンポポの芽生え 子葉の数 2枚
©Mitsushi Okada/a.collectionRF /amanaimages

春は、いたるところで芽生えが見られる季節。庭や植物園でなくとも、近所の公園や花壇など、土があるところなら、さまざまな植物の芽生えを観察することができます。

たとえ植物の名前がわからなくても、子葉の枚数、本葉*3 と子葉の違いなどを丁寧に観察して、後から調べてみると、意外な発見があるかもしれませんよ。

*3 本葉(ほんば)

子葉の後に出てくる葉のこと。


この記事の元になった本は……
プチペディアブック「にほんの植物」(アマナイメージズ)
植物のステージであるたねや実、発芽、生長、開花、枯れの5つの章に分けて、さまざまな疑問と解答を紹介しています。取り上げた疑問はトリビア的なものではなく、植物の全体像を知るための近道となるものです。ぜひ、お子さんと一緒にコミュニケーションしながら読んでみてください。好奇心を育み、植物に興味を持つきっかけとなるはずです。 
http://petitpedia.jp

[企画・編集]ネイチャー&サイエンス
[監修]小林正明(元飯田女子短期大学教授)[文]大地佳子
[判型]B6変 
[ページ数]152ページ
本体価格 ¥1,400(+税)

Profile
Editor
田中 いつき Itsuki Tanaka

フリーランスライター。ライフスタイル記事やインタビュー記事を書いています。生き物や農林業の話題が好きです。ペーパー自然観察指導員(日本自然保護協会)。「春の気配を感じて、一斉に芽吹く、たくさんのたねたち。スタートの合図を聞いて一斉に走り出すアスリートのようで、『がんばれ~』と応援してしまいます」

Recommend関連記事
Weekly Ranking人気記事
`
Page top