a
アマナとひらく「自然・科学」のトビラ
清流の女王、鮎と日本の文化

清流の女王、鮎
と日本の文化

文/中作 明彦


写真:石に縄張りを持つ鮎(栃木県鹿沼市大芦川)
©︎chirai yo/nature pro./amanaimages

6月となり、今年も鮎が旬を迎える季節が巡ってきました。清流の女王とも呼ばれる鮎は、夏の風物詩の一つではないでしょうか。古くは『古事記』などにも登場し、日本とのつながりが大変深い魚でもあります。長い歴史を共に歩み、今なお人々を惹きつける魅力にあふれた鮎のことをご紹介します。

鮎の季節

夏の訪れを告げる川魚の代表、鮎 ©︎Shigeru Hoshino/a.collectionRF /amanaimages

夏の訪れを告げる川魚の代表、鮎
©︎Shigeru Hoshino/a.collectionRF /amanaimages

新緑の美しい初夏とともに旬を迎える鮎。そのさわやかな香りはなんとも清々しく、人々の心をとらえてきました。

鮎には養殖のものと天然のものがあり、市場に流通する鮎は、基本的にそのほとんどが養殖のものです。

アユ(Plecoglossus activelis)。キュウリウオ科に属する魚。回遊魚であり、川と海を行き来する。成魚の全長は20cm~30cmほど。日本列島のほか、朝鮮半島、中国大陸東部にも分布する。日本では全国の河川に生息しており、北海道西部の天塩川を北限とし、南は沖縄まで分布する。ただし、奄美大島と沖縄に生息するのは、「リュウキュウアユ」とよばれる亜種。キュウリウオ科に属する魚としてはほかに、シシャモやワカサギなどがある ©maruk/amanaimages

アユ(Plecoglossus activelis)。キュウリウオ科に属する魚。回遊魚であり、川と海を行き来する。成魚の全長は20cm~30cmほど。日本列島のほか、朝鮮半島、中国大陸東部にも分布する。日本では全国の河川に生息しており、北海道西部の天塩川を北限とし、南は沖縄まで分布する。ただし、奄美大島と沖縄に生息するのは、「リュウキュウアユ」とよばれる亜種。キュウリウオ科に属する魚としてはほかに、シシャモやワカサギなどがある
©maruk/amanaimages

河川の鮎は、放流されたものも含めて、資源保護の観点から解禁日、解禁期間・禁漁期間が各漁協によって定められていて、6月ごろになると各地で解禁を迎えはじめます。

鮎の旬は6月~8月ごろまでと言われており、若鮎、成魚、落ち鮎と変化していきます。

私たちが鮎を楽しむことができるのも、1年のうちの限られた期間です。
限られた期間の楽しみだからこそ、多くの人たちが鮎の季節を待ち望んでいるのかもしれませんね。


書物の中の鮎

日本に現存する最古の書物である『古事記』には、次のような記述があります。

また筑紫の末羅縣(まつらのあがた)の玉島(たましま)に到りまして、その河の邊(ほとり)に御食(みをし)したまひし時、四月(うづき)の上旬(はじめ)に當(あ)たりき。ここにその河中の磯に坐(ま)して、御裳(みも)の糸を抜き取り、飯粒(いひぼ)を餌(ゑ)にしてその河の年魚(あゆ)を釣りたまひき。故、四月の上旬(はじめ)の時、女人(をみな)、裳の糸を抜き、粒(いひぼ)を餌にして、年魚を釣ること、今に至るまで絶えず *1

*1 現代語訳

また筑紫の、のちの松浦である末羅県の、玉島の里に着いて、その河のほとりで食事をした時に、ちょうど四月の上旬であったから、川の中の岩の上に座って、裳の糸を抜き取り、飯粒を餌にして、その河の年魚を釣った。そこで、四月の上旬に、女たちが裳の糸を抜いて、飯粒を餌に年魚を釣ることが、今にいたるまで絶えないのである。

そして、この松浦川(佐賀県)での鮎釣りを詠んだ歌が『万葉集』にも多数登場します。

 松浦川(まつらがわ) 川の瀬早み
 紅の 裳の裾濡れて
 鮎かつるらむ *2

 大伴旅人(『万葉集』巻五・八六一)

*2 現代語訳

松浦川の川の瀬(水深の浅いところ)は流れが速いから、紅色の裳(着物)の裾を濡らして鮎を釣っているのだろうか。

 
万葉集には鮎を題材とした歌がほかにもたくさんありますが、いずれにしても、さまざまな文献、書物の中にその姿をみせる鮎は、私たちの文化を語る上で欠かせない存在ではないでしょうか。

川を遡上(そじょう)する鮎の幼魚。「年魚(ねんぎょ)」「香魚(こうぎょ)」「銀口魚(ぎんこうぎょ)」「細鱗魚(さいりんぎょ)」など、たくさんの呼び名を持つことも鮎の特徴。「年魚」は鮎の寿命が1年であることに由来し、「香魚」は鮎の香りの高さに由来する。また「銀口魚」は、水中を泳ぐ鮎の口が銀色に輝いて見えることから、「細鱗魚」は、鮎が小さく細かい鱗を持つことからこのように呼ばれている (撮影地:熊本県八代市) ©takeda shinichi/Nature Production /amanaimages

川を遡上(そじょう)する鮎の幼魚。「年魚(ねんぎょ)」「香魚(こうぎょ)」「銀口魚(ぎんこうぎょ)」「細鱗魚(さいりんぎょ)」など、たくさんの呼び名を持つことも鮎の特徴。「年魚」は鮎の寿命が1年であることに由来し、「香魚」は鮎の香りの高さに由来する。また「銀口魚」は、水中を泳ぐ鮎の口が銀色に輝いて見えることから、「細鱗魚」は、鮎が小さく細かい鱗を持つことからこのように呼ばれている
(撮影地:熊本県八代市)
©takeda shinichi/Nature Production /amanaimages


鮎の生態

古くから私たちの文化に深く根ざす鮎ですが、その生態は意外と知られていないのかもしれません。

鮎は秋に川の下流で産卵し、孵化(ふか)した仔稚魚(しちぎょ)は海に出て冬を越します。
仔稚魚は冬のあいだ海のプランクトンなどを食べて成長し、春になると、川の中流~上流域を目指して海から遡上するのです。

幼魚のうちは水生昆虫や川に落ちてきた落下昆虫などを食べますが、成魚になると水底の石に着いた藻(珪藻類)を食べるようになります。
天然鮎のもつスイカのようなさわやかな香りは、餌となる藻と水質の影響によるようです。

成長して藻を食べるようになると、餌となる藻を独占するために一定の領域に自分の縄張りをつくる。縄張りに侵入する他の鮎は攻撃され、追い払われる。ただし、鮎の個体数が多いときは、縄張りを維持して餌を独占する利益よりも、侵入する鮎を追い払うための負担が大きくなる。こうなると縄張りはつくらず、群れて暮らす群れ鮎となる (撮影地:和歌山県新宮市) ©MASAFUMI KIMURA/SEBUN PHOTO /amanaimages

成長して藻を食べるようになると、餌となる藻を独占するために一定の領域に自分の縄張りをつくる。縄張りに侵入する他の鮎は攻撃され、追い払われる。ただし、鮎の個体数が多いときは、縄張りを維持して餌を独占する利益よりも、侵入する鮎を追い払うための負担が大きくなる。こうなると縄張りはつくらず、群れて暮らす群れ鮎となる
(撮影地:和歌山県新宮市)
©MASAFUMI KIMURA/SEBUN PHOTO /amanaimages

秋頃、川の中流~上流で過ごしていた鮎は、産卵のために川の下流域まで下りてきます。
諸説ありますが、「鮎」という名前は、川を「落ちる」の古語である「あゆる」に由来するとも言われています。

下流にまで下りてきた鮎は川底の小さな浮き石*3などに産卵し、産卵後間もなく死んでしまいます。
卵は20℃の水温で11~13日ほどで孵化し、生まれた稚魚は川の流れに乗って海に向かうのです。

年魚とも呼ばれる鮎の一生は、川から海へ、海から川へ、そしてまた川を下るという実に変化に富んだものなのですね。

また、私たちがよく耳にする、伝統的な「友釣り」や「梁(やな)漁」は、このような鮎特有の習性を上手に利用した漁法です。

*3 浮き石

水底の石が適度に重なり合って、石どうしの間にすき間がある。このような状態にあって不安定で動きやすい石。


友釣りのオトリ鮎。後方に伸びているのが掛け針。友釣りは、縄張りを形成する鮎の習性を利用している。釣り糸の先端近くには「ハナカン」とよばれる金属製の輪っかがあり、これをおとりとなる鮎(オトリ鮎)の鼻に通す。ハナカンからはさらに短い釣り糸と「掛け針」とよばれる釣り針が伸びている。オトリ鮎を川の中で泳がせると、縄張りに侵入された野鮎はオトリ鮎を攻撃し、掛け針に引っかかる ©Gakken /amanaimages

友釣りのオトリ鮎。後方に伸びているのが掛け針。友釣りは、縄張りを形成する鮎の習性を利用している。釣り糸の先端近くには「ハナカン」とよばれる金属製の輪っかがあり、これをおとりとなる鮎(オトリ鮎)の鼻に通す。ハナカンからはさらに短い釣り糸と「掛け針」とよばれる釣り針が伸びている。オトリ鮎を川の中で泳がせると、縄張りに侵入された野鮎はオトリ鮎を攻撃し、掛け針に引っかかる
©Gakken /amanaimages

川に設けられた梁(やな)場。秋になると、鮎は産卵のために川を下る。梁漁は、この川を下る鮎(落ち鮎)を獲る漁法。竹などを並べて縄で編み、板状にしたもの(梁)を川に設置する。梁には傾斜がつけられていて、上流側は水の中にあるが、下流側は水上に出ている。産卵のために上流から下流へ向かう鮎が梁に乗り上げたところで、これを獲る (撮影地:岐阜県郡上市美並町下苅安) ©TOSHIAKI KATO/SEBUN PHOTO /amanaimages

川に設けられた梁(やな)場。秋になると、鮎は産卵のために川を下る。梁漁は、この川を下る鮎(落ち鮎)を獲る漁法。竹などを並べて縄で編み、板状にしたもの(梁)を川に設置する。梁には傾斜がつけられていて、上流側は水の中にあるが、下流側は水上に出ている。産卵のために上流から下流へ向かう鮎が梁に乗り上げたところで、これを獲る
(撮影地:岐阜県郡上市美並町下苅安)
©TOSHIAKI KATO/SEBUN PHOTO /amanaimages

鮎の塩焼き。鮎は私たちの食文化も彩ってくれる。鮎が暮らせる環境は限定されており、水質や河川環境などの影響を敏感に受ける。かつてはあちこちの河川にあふれていた鮎も今は限られた場所でしかその姿を見ることができない。私たちの豊かな「鮎文化」は自然の恩恵そのもの ©arc image gallery /amanaimages

鮎の塩焼き。鮎は私たちの食文化も彩ってくれる。鮎が暮らせる環境は限定されており、水質や河川環境などの影響を敏感に受ける。かつてはあちこちの河川にあふれていた鮎も今は限られた場所でしかその姿を見ることができない。私たちの豊かな「鮎文化」は自然の恩恵そのもの
©arc image gallery /amanaimages


失われた鮎を再び川へ

現在、鮎を取り巻く環境は大変厳しく、天然の鮎は各地で減少を続けています。

天然鮎の減少にはさまざまな理由があり、「冷水病 *4」という細菌性の病気の広がりもあるのですが、河川環境の悪化などの問題も指摘されています。

高度経済成長期に起きたような水質汚染は現在では改善されていますが、ダムや堰(せき)の問題も大きいようです。

産卵期の鮎。オスのからだは全体に黒っぽくなり、ところどころに濃い黄色やオレンジ色が目立つ婚姻色となる ©nakano seishi/Nature Production /amanaimages

産卵期の鮎。オスのからだは全体に黒っぽくなり、ところどころに濃い黄色やオレンジ色が目立つ婚姻色となる
©nakano seishi/Nature Production /amanaimages

非常に難しい問題をはらんでいますが、鮎目線での話をすれば、ダムのある流域ではダムよりも上流に遡上することができません。
仮に遡上できたとしても、産卵のために下流に降りてくるのが困難となります。
また、産卵場所として必要不可欠な砂利や小さな石も、ダムにせき止められて下流に運ばれてきません。

堰についても同様で、堰に妨げられるため鮎の遡上が困難なものとなってしまいます。

このような状況を踏まえ、鮎を川に呼び戻すための取り組みも各地で行われています。
砂利を運び込んで産卵場所を造成したり、適切な魚道を整備したりすることで、鮎の個体数を回復させた地域もあります。

難しい課題はたくさんありますが、私たちの生活と、鮎やほかの生きものたちが暮らせる環境、その両方を大事にしていけたらよいですね。

*4 冷水病

国外から持ち込まれたフラボバクテリウム・サイクロフィラムとよばれる細菌が引き起こす病気。1990年代後半に全国へ広まった。鰓(えら)や内臓の貧血、下あごや筋肉からの出血、体表の潰瘍(穴あき)を引き起こす。

水底の石に付着した鮎の卵(発眼卵)。直径およそ1mmで、メスは1尾あたり平均で5万粒の卵を持つ ©uchiyama ryu/nature pro. /amanaimages

水底の石に付着した鮎の卵(発眼卵)。直径およそ1mmで、メスは1尾あたり平均で5万粒の卵を持つ
©uchiyama ryu/nature pro. /amanaimages

おもな参考・引用文献
『天然アユの本』高橋勇夫、東 健作 著(築地書館)
『長良川のアユー40年間の現地調査から』駒田格知 著(岐阜新聞社)
『古事記』倉野憲司 校注(岩波文庫)
『現代語訳 古事記』福永武彦 訳(河出文庫)
たかはし河川生物調査事務所
農林水産省 アユ冷水病対策について
環境省 瀬戸内海の代表的な生きもの


Profile
Writer
中作 明彦 Akihiko Nakasaku

サイエンスライター。中学校・高等学校の理科教員として10年間勤務したのち、世界に散らばる不思議やワクワクを科学の目で伝えるべくライターへ。「鮎は日本の風土に本当によく合った魚なのだと思いました。本文にも書ききれないことがたくさんありました。そして、鮎釣りがしたくてしかたありません」
Twitter: @yuruyuruscience

Weekly Ranking人気記事
WorksNATURE & SCIENCEが手がけた仕事
`
Page top