a
アマナとひらく「自然・科学」のトビラ
Books

NATURE & SCIENCEが手がけた書籍

カラス先生のはじめてのいきもの観察

カラス先生の
はじめてのいきもの観察

動物学者になるような人って、
子供の時からこんな視点で自然を見てるんですね。

著者:松原始

動物学者になるような人って、子供の時からこんな視点で自然を見てるんですね。

ベストセラー『カラスの教科書』の人気動物行動学者が遊びながら覚えた、
動物とのつきあい方。

双眼鏡事始め、図鑑の使い方、空飛ぶものへの憧憬、台風の夜、足もとの昆虫学、水たまりの生態系、獣道の見つけ方――
大事なことは、全部、裏山が教えてくれた。

◆「はじめに」より
枝に止まったトンボの取り方。歩いている時にシカを見つけたら。ヘビを探すには。カブトムシが飛び立ちそうな時――こういうことは、自然の中で遊んでいるうちに覚えた。言ってみれば、野生動物との間合いの取り方だ。その心地よい緊張感や、全身をセンサーにして周囲を探ろうとする態度は、40年を経た今もこの身にしみついているように思う。それなくしては、野外で動物を研究することなんかできなかった。大事なことは全部、裏山が教えてくれたのだ。

◆読者の声
「これは楽しい!お店に並んだら買う!!絶対!生き物好きの友達にもオススメしようと思います。生き物は好きだけど、あんまり専門的な感じだと……という方には良いかと思います。」
谷本かおる様(書店関係者)

詳細情報

出版社

太田出版

著者

松原始

発売

2018年

価格(税抜)

1,500円

ページ数

242ページ

Recommend関連記事
Weekly Ranking人気記事
Page top